自動車保険の選び方・入り方、安さとのバランス

自動車保険の選び方・入り方、安さとのバランス

自動車保険の選び方・入り方、安さとのバランス

自動車保険に入る時、ダイレクト自動車保険など安い保険が注目されます。
誰でも安い自動車保険に入りたいですが、そこのところ(費用、事故の際にどれだけ面倒見てくれるか)について説明します。

 

1.こういう事故?を起こし、保険が下りました

 

正解を言うと、保険料は少し高くなりますが、友達、すでに知っている人から保険に入ると良いです。

 

事故の際、こちらサイドに立って親身に面倒を見てくれるからです。

 

こういう過失で車両保険を使ったことがあります。

 

 

BMWの後ろ座席に大量の水をタンクで積んでいたのです。
なんとそれが漏れました!
後部座席が水でずぶ濡れになり大打撃!それだけならいいのですが、CPUが濡れて壊れました!

 

私は早速、代理店(友達)に電話し、ことの詳細を話しました。
そしたら、「それでも車両保険は使えるかもしれないけど、それだと事故ではなく、ただの過失です。もしかしたら、そこの部分を保険会社につつかれるかもしれないので、今回は、他の車に接触されたことにしてください。ここ(私の車、後部部分)にキズがあります。これをぶつけられたことにします。」と教えてくれました。

 

あとは、その代理店(友達)が手続きを進めてくれました。

 

CPU交換費用150万円はすんなり下りました。その間の台車も出してくれました。

 

このように、面倒を見てくれるというのが、従来の自動車保険のメリットです。

 

元保険会社の人だったり、車に詳しい人は、安い通販型ダイレクト自動車保険でもいいと思いますが、一般の人は通常の自動車保険の方が良いと私は考えます。

 

 

あと、保険を使うと、2等級落ちます。落ちると翌年度からの保険料に影響するので、そういうアドバイスもしてくれる保険屋から入るのが良いでしょう。

 

例えば、30万円以下の場合、なんとか自分で支払える金額です。翌年の等級が2段階落ちることを考えたら、30万円までは保険使わない→免責30万円に設定するのが賢いです。

 

高級すぎる車の場合、車両保険を引き受けてもらえない場合もあるので、注意が必要です。

 

 

2.ダイレクト自動車保険は自分でやると考えていい

 

アクサ。保険に詳しくない人だと対応が悪いと感じることでしょう。
通販型は最後の支払いの部分だけをやってくれるというイメージです。
責任割合が決まってから支払ってくれる。
当方が責任割合0ならば、こちらですることはないというスタンス。
例えば、例@

 

 

例えば、例A

 

 

例えば、例B

 

 

例えば、例C
Cは、質問者が保険を分かっていない、保険対象、対象外を区別できていない感じがします。
そもそも分かっていないなら、従来の自動車保険に入って、代理店に面倒見てもらった方が良いケースと思われます。

 

 

元々はバイク好き。のページに進む